あなたは知ってる?ニキビの黒ずみ改善のための化粧水を選ぶポイントとは?

あなたは知ってる?ニキビの黒ずみ改善のための化粧水を選ぶポイントとは?

ニキビの黒ずみ改善のための化粧水を選ぶポイントとは?

 

 

化粧水は毎日のケアに欠かせないものです。とくにニキビ跡に悩む人にとっては大切で、保湿をして黒ずんだところを改善するほか、新しいニキビを増やさない役割もあります。しかし化粧水は種類が多いですよね。安いものから高いものまで値段も違えば、成分などもバラバラです。何を選べばよいか分からないというひとも多いのではないでしょうか。そこで今回はニキビの黒ずみを治したい方に化粧水を選ぶときのポイントを紹介します。

 

 

 

含まれる成分に注目しましょう
 まずニキビ跡の改善に効果が期待される成分はグリチルリチン酸ジカリウムです。カンゾウ根から抽出される成分で解毒効果や抗アレルギーなどの作用があり、皮膚の炎症に効果を発揮します。また副作用がすくないこともおすすめできる理由のひとつです。

 

なお、グリチルリチン酸ジカリウム配合の化粧水ならこれがおすすめです。

 

Reproskin(リプロスキン)
Reproskin(リプロスキン)

 

 

他には、サリチル酸です。これはニキビの原因であるアクネ菌を殺菌して角質を軟化させる効果があり、ニキビ治療に効果的です。アラントインといって肌を引き締める効果のある成分などもあります。クリームなどに含まれていることが多いです。

 

 

 

避けたい成分は?
 逆にニキビの黒ずみを解決したいのであれば避けておきたい成分もあります。まず、アルコール成分です。エチルアルコールやエタノールなどと表記されています。アルコール成分が含まれる化粧水はよくパッケージに「さっぱりタイプ」や「皮脂が気になる方に」などと書かれていることが多いです。ニキビ跡に悩む人は間違って選びがちですが、過剰な皮脂の分泌を招き毛穴の角化の原因にもなるので注意しましょう。次にピーリング成分です。ニキビ跡にはピーリングが良いといわれることもありますが、角質を取り除く作用があるので刺激が強く逆にニキビ跡を悪化させることがあるのです。サリチル酸や硫黄と表記されています。

 

次に収れん成分です。酸化亜鉛や乳酸、クエン酸などと表記され使いごこちをさっぱりさせるために配合されています。しかし肌への刺激が強いので乾燥を招いてしまうのです。最後に石油系合成界面活性剤です。これは200種類ほどあるとよばれる成分で、肌のバリア機能を破壊したりターンオーバーを狂わせてしまうといいます。ラウリル硫酸ナトリウムなどがそれにあたります。

 

 

 

化粧水の正しい使い方も知ろう
 化粧水の選び方が分かったら今度は化粧水の使い方をみていきましょう。まず洗顔をしたらしっかりすすぎ水分を軽く拭きとります。そして洗顔をしたら出来るだけ早く保湿をします。まず両手に化粧水を伸ばしていきます。コットンで化粧水を塗る人もいますが、手の方がやさしく浸透するのでおすすめです。次に指や手のひら全体を顔に部分ごとにあてていきやさしく押し当てます。しみ込ませるようなイメージで行いましょう。この時に叩いたりするのではなくあくまで優しく行います。そしてこれを2、3回繰り返します。また化粧水だけでは保湿としては不十分です。化粧水でしっかり潤いを与えたら今度は保湿液でお肌にふたをしてあげることが大切なのです。乾燥肌の人は特にこまめに保湿をする癖をつけたほうが良いでしょう。

 

あなたは知ってる?ニキビの黒ずみ改善のための化粧水を選ぶポイントとは?

 

 

 

まとめ
化粧水は種類が多く、高ければ効果が高いというわけではないのが難しいところです。人によって肌質が違うので自分にあったものというのが大前提です。そこで有効成分などを覚えておくと化粧水選びのときの目安になるかもしれません。保湿をするとニキビの黒ずみ改善になるほか、ニキビ予防、シミそばかす予防にもなります。いつまでたっても肌はきれいでいたいもの。日々の徹底的な化粧水ケアで美肌を目指してみませんか。肌がきれいだと気持ちも前向きになれますよ。

 

 

 

ニキビの黒ずみをキレイに消す方法

 

 

 

 

ニキビの黒ずみにはこれがおすすめです。

 

新発想!!ニキビ痕専用導入型化粧水!